葬儀のスタイルには

葬儀のスタイルについて

いろいろなスタイルの葬儀

葬儀と言えば、お通夜、お葬式と2日間にわたって行われ、お坊さんと参列者がたくさん来るという盛大なものが一般的でした。人手も費用も多くかかり、対応に追われてゆっくりと故人との別れの時間を持てないこともありました。しかし、今では告別式のみを行うプランや、お通夜も告別式も行わずに火葬のみを行うプランもあります。その他、近親者のみでの家族葬もあるので遺族や故人の意向で選ぶことができます。生活保護を受給している人には、自己負担0円のシンプルな葬儀も用意されているので安心です。

小さな葬儀が増えています

死を弔い、故人にお別れを告げるための儀式の葬儀は、ひと昔前は地域ぐるみで行うものでした。しかし、少子高齢化や核家族化が進んだことに伴い、通夜を行わない一日葬や、身内や親族

↑PAGE TOP